HOME > 自己破産手続きの流れ > 自己破産手続きの流れ

自己破産手続きの流れ

takada_11a.png

自己破産手続きの流れは、以下となります。

以下にまとめましたので、ご覧ください。

自己破産とは、多額の借金をすることによって

経済的に破綻し、払わなければならない借金が

自分の力では払えなくなった状態の人が自ら

破産の申し立てをすることを言います。

 

自己破産手続によって、多額の借金を抱えた人の

財産を、債権者全員に公平に分配する事(配当)で、

自己破産者の借金を事実上ゼロにする事が出来ます

 

但し、生活の建て直しのために必要な財産は、原則として99万円

まで手元に残すことができます(自由財産といいます)。

この他に一定の価格以上の財産がない場合には、債権者への

配当なしで手続きが終わります。(同時廃止といいます)

 

1.自己破産申立 依頼者様の住所地を管轄する地方裁判所に申立書を提出します。
この時点で取立てがストップします。
2.破産審尋 裁判官から支払不能に関する質問をされます
3.破産決定 1,2ヵ月後に破産の可否が決まります。
(審尋は行われないこともあります)
4.官報に公告 官報に発表されます。(一般の方が見ることはほとんどありません)
5.免責の確定 裁判官から免責不許可事由に該当しないか質問されます。
6.人生の再出発へ 新たな人生のスタートです!