HOME > 過払い金の仕組み

過払い金の仕組み

takada_03a.png

なぜ、過払い金が発生するのかというと、
消費者金融などの貸金業者が契約上定めていた利率と、
利息制限法所定の利率大きな開きがあったからなのです。

消費者金融、信販会社等貸金業者の大半は、
出資法の上限利率だった29.2%ぎりぎりの利率で貸付を行っていましたが、

利息制限法では上限利率は以下の通りになります。

 

金 額 利 率
元本額10万円未満 年20%
元本額10万円以上100万円未満 年18%
元本額100万円以上 年15%

法律上、上記の割合以上の利息を支払う契約をしても、無効となります。
つまり、これ以上の金利は支払う必要はないということです

 


それにも関わらず貸金業者が利息制限法の上限利率を守らず、それ以上の利率による
利息を付加していたのはなぜでしょうか?

それは出資法を超えた利率で貸付を行うと刑事罰の対象になるのに対して、利息制限法を
超えた利率で貸付を行っても罰せられることがなかったからという理由からです。

とはいえ、刑事罰が科せられないといっても、
利息制限法を越える利率を定めた契約はあくまでも違法・無効です。

この結果、出資法の制限すれすれの利率で貸付が行われ、それが長時間に
及んでいた場合、利息制限法に基づいて引きなおし計算をすると、
違法な契約に基づき支払った金額”と、”法律上支払うべき金額”との
差額=過払い金 
が発生することがあるのです。

現在は出資法が改定され、利息制限法の最上限利率と同じ20%が出資法の
上限利率になりました。


あなたの借金問題は、適切な方法を取れば必ず解決します。
まずは、専門家である認定司法書士にご相談ください。親身にご相談にのります。