HOME > 個人再生手続きの流れ

個人再生手続きの流れ

takada_03a.png

個人再生手続は他の手続きに比べて、やや要件が厳しく、誰しもが利用できる手続ではありませんが、住宅を残しつつ借金を大幅に減額できるという大きなメリットがあります。

個人の民事再生手続には、小規模個人再生と給与所得者等再生がありますが、
以下では小規模個人再生についてご説明します。

1.地方裁判所申立 この時点で債権者からの取立てを止めます。
2.再生手続の可否 要件を満たし、書類不備がなければ手続き開始が決定します。
3.債権額の決定 債権額に異議を述べることができます。
4.再生計画案の作成 今後の支払方法を再生計画案にまとめます。
5.書面決議、意見聴取 給与取得者等再生手続の場合、書面手続きはありません。
6.再生計画の認可 裁判所が認可し、確定することにより手続きが終わります。